MENU

TOKYO EXCELLENCE

MENU

NEWS

HOME>ニュース>GAME>12/18(日)試合後、早水HCコメント

12/18(日)試合後、早水HCコメント

 
12月18日(日)試合結果
東京エクセレンス74-85福島ファイヤーボンズ
(24-21、21-21、8-25、21-21)

早水ヘッドコーチコメント
==========
最後まで苦しいコンディションの中、選手たちはアグレッシブに
戦ってくれました。
怪我をした選手がいる中で、いつもと違う形で点が取れたことについては
収穫で次に繋がる試合になったと思います。

前半や4Qは積極的にリングに向かってアタック出来ていましたが、
3Qは相手のプレッシャーに対して少し守りに入ってしまい、
一人ひとりのリングに対するアタックが少なくなった結果、
シュートも少しのずれで落ち、シュートまで行けないこともありました。

また、相手がインサイドを守りに来たときに、アウトサイドの動きが
止まってしまっていたので、チーム全体としてそこが機能しなかったのかなと思います。

シーズンの出だしも#13ライアンが怪我をして外国籍選手1人という状況がありましたが、
その中でも他の選手がファイトしてくれていました。
その部分にアドバンテージがあるのはしょうがないことなので、
そこをいかに抑えるのかがポイントになってくると思います。

今年最後の小豆沢体育館でのホームゲームで、
こんなにたくさんの方に応援いただいて、チームとして凄く力になっています。
来年は勝利というかたちで返せるように頑張っていきますので、
引き続き応援よろしくお願いします!
==========

その他企業一覧はこちら