MENU

TOKYO EXCELLENCE

MENU

NEWS

HOME>ニュース>TEAM>B2ライセンス不交付に関して

B2ライセンス不交付に関して

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
本日、公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)より、来シーズンのB2リーグ参戦に際し必要となるB2ライセンス不交付の連絡がございました。

理由:Bリーグクラブライセンス交付規則【I.02】ホームアリーナ要件に定める「ホームアリーナ検査要項「①I座席 1入場可能者数♦︎3000席以上の観客席を有する」B2ライセンスを充足していない為。

弊チームは2015年のBリーグ参入申請時に、現在ホームアリーナとして使用させて頂いている小豆沢体育館が前述のライセンス要項を満たしていない為、板橋区に対しアリーナ新設に向けての要望をしておりました。
それを受けて板橋区より「将来的に3000人規模のアリーナ建設に向けての調査、調整を開始する」旨ご連絡を頂戴し、その計画を基にBリーグに対して申請を行いB2リーグへの参入が認められました。
しかしながら昨年10月に板橋区より「短期間での調査・調整が非常に困難になった」との連絡を受け、弊チームとしては以来本日まで各方面と調整を行ってまいりましたが残念ながらB2ライセンス不交付となりました。
これにより今シーズンのレギュラーシーズンの戦績に関わらず来シーズンはB3リーグに活動の場を移すこととなります。

今後は残された今シーズンを全うするとともに、早期のBリーグへの復帰を目指しホームアリーナの確保を最重要課題として引き続き各方面と折衝を続けて参ります。

来シーズン活動の場は変わりますがブースターの皆様、地域の皆様、ご支援を賜っております企業様、地元自治体の皆様等に引き続き厚いご支援・ご声援を賜れるようチームとして全力で邁進していく所存です。

今後とも引き続き何卒宜しくお願い申し上げます。

東京エクセレンス
代表取締役社長
向井 昇

その他企業一覧はこちら